ハイパーソニックコンサートを開催しました

11月15日(水)にハイパーソニックコンサートを開催しました。
今回は、テレビ、CM,、映画で流れる洋楽ヒットやなつかしのフォークソングでした。
ハイパーソニックコンサートは、耳に聞こえない音(非可聴音)がでる特殊なスピーカーで音楽を聴く会です。脳活性化効果や癒しの効果があるそうです。

花壇の植栽を行いました

浜松市の「沿道花いっぱい運動」から花苗や園芸資材をいただき、花壇の整備を行いました。パンジーや金魚草、デイジーなどの花苗を植えました。花が咲くのが楽しみです。近くの子ども園の園児の皆さんも応援してくれました。

壮年熟期が活躍するいきいき長寿社会づくり実行委員会から視察にいらっしゃいました

11月10日₍金)、静岡県が実施しています「壮年熟期が活躍するいきいき長寿社会づくり事業の実行委員会」が主催する視察研修から21人の方々がいらっしゃいました。
ここ倶楽部、現役っこクラブ等の施設の説明の後、「遊びリテーション」の講話と実際を体験し、さらにデイサービスの利用者さんとも一緒に体験していただきました。
遊びリテーションでは、研修者も思わず真剣に取り組み、笑い声も聞かれるなど楽しい時を過ごしていらっしゃいました。
介護の現場等の中でも、楽しく体力維持と機能訓練ができる場作りが大切だということが体験をとおして伝えられたのではと思いました。

 

足躁塾を開催しました

10月25日(水)足躁塾を開催しました。あいにくの雨にもかかわらず13人の参加がありました。
今回のテーマは、「なんとなく体がだるい、やる気がでない、肌にハリツヤがないときには」です。そのようなときは、脳脊髄液の生産や循環がうまくいってない場合もあると、脳脊髄液循環させるために体操を教えていただきました。
いつものことですが、終わったとは体がスッキリしました。
次回は12月13日(水)です。

ハイパーソニックコンサートを開催しました

9月20日(水)午後1時30分から2時30分まで、ハイパーソニックコンサートを開催しました。
この日は、昭和30年代後半の懐かしのベスト10の演奏がありました。
坂本九さんや橋幸夫さん、舟木一夫さんの歌など本当に懐かしいものばかりでした。
このハイパーソニックコンサートは、特殊なスピーカーをとおしてハイパーソニック(非可聴音)を含む音楽を聴くことによる脳の活性効果や癒しの効果を得ることができるということです。
現役っこクラブでも、この特殊なミニスピーカーを導入しました。いつでも聞くことができますので気軽にいらしてください。

 

 

UD(ユニバーサルデザイン)子ども体験学習会を開催しました

9月6日(水)、8日(金)、12日(火)のそれぞれ午前中に
芳川北小学校の4年生を対象に、UD子ども体験教室をクラスごと
(3クラス 約100人)に、「ここ倶楽部」で実施しました。

お年寄りが日常生活で不自由なところはどこか等、疑似体験を含めて学習した後、
年齢や体力が違っても一緒に楽しめるゲ一ㇺをお年寄りと一緒に行いました。
相手の気持ちを思いやって行動することがユニバーサルデザインだと理解を深め
いただくことができた3日間でした。

お口の健康講座を開催しました

8月30日(水)に「むせることが増えた人に~食べる・飲む・しゃべる口の力をつけて元気に長生き~」と題して、健康講座を開催し、会員の皆様をはじめ地域の人達も併せて36人もの参加がありました。
浜松市南区健康づくり課の保健師の鍬竹様と歯科衛生士の加藤様が講師となり、健康寿命についてや口の働きや舌の機能について教えていただきました。歯の衛生だけではなく、日頃のおしゃべりや歌を歌うこと、簡単な舌の体操などにより口のまわりや舌の筋肉を鍛えることが大切で、肺炎や認知症、糖尿病予防にもつながるということでした。
最後に、地域の転倒予防サポーターによる、転倒防止の紙芝居もしていただきました。

夏バテに効くツボを教えていただきました(足躁塾)

8月16日に足躁塾を開催し、会員の方々が参加し、講師の宮本先生より
夏バテに効くツボを教えていただきました。
最も多い夏バテの原因は、①自律神経の乱れ、②睡眠の質が悪い、③胃腸の不調
ということで、それに対応したツボを中心に実習しました。
残暑厳しき折、残りの夏をこれで乗り切ろうと思います。

 

おもしろエコ面をみんなで作りました

段ボールや牛乳パックなどいらなくなった材料を使った『エコ面づくり』
を講師の生活文化クリエーターの宮本先生に教えていただき、子どもも大人
もでみんなで作りました。
作るにつれていろいろアイディアが出てきて、楽しいお面が出来ました。