遊びリテーションin岡山

3月21日(土)関西看護出版主催の「実技!遊びリテーションセミナー」が岡山でありました。
4月から介護保険も改正になるし、混乱の時期で、参加者は少ないだろうと思っていましたが、ナント!31名も参加して下さいました。

いつものことながら、笑いのスイッチはどこだろう…と探りながら、スタート。
参加者が、みんな個性的で、おもしろい人ばかり。結構、早い段階から、大笑いで盛り上がりました。「出世払いでいいよ」と言われ、借金した人が、会場1番の金持ちになって、テンションは上がるわ、血圧は上がるわ^^朝から晩まで、みっちり遊びました。

エアロビテーションも体験。コーディネーション能力を刺激したり、デュアルタスクをしたり、笑いながら、軽く汗をかきました。

介護の現場でがんばっている人は、きっと、ストレスがたまっているんだと思います。感情疲労は、ハンパないでしょうね。お年寄りにとってもリハビリ効果のある遊びリテーションですが、介護の現場に携わっている人にとっても、必要なプログラムだと思います。介護に「関係性」は重要だし、こころとからだの”健康”を保つためにも、こんなに良いプログラムはないと思います。

心地良い疲労感とともに、岡山を後にしました。
当日、参加して下さったみなさん!ありがとうございました!
初岡山!楽しかったです。