エアロビテーションを開催しています

現役っこクラブでは、毎週月曜日の13時30分からエアロビテーションを開催しています。このエアロビテーションは、高齢者にも負担の少ない工夫をして椅子に座りながら出来るエアロビテーションです。また、認知症予防にも効果のあるデュアルタスクを取入れて実施しています。

<デュアルタスクとは>

⦿2つの事を同時に行う(運動+脳トレーニング)事で脳の血流量を上げる事が出来るという点が重要です。認知症を調べる検査法であるSPECT(スペクト)検査を行うと、脳のあちここちで血流の低下や血流不足が発見されるそうです。そして脳の血流量が少なくなることと並行して脳の機能も低下していくことが分かっています。デュアルタスクで活性化されるのは、特に前頭葉と言われる部位です。前頭葉は脳の前方部分であり、脳の司令塔とも言われ、運動を行う機能と思考を司る脳の最高中枢なのです。この部位が、損傷を受け血流不足で働きが悪くなると、状況判断力の低下表れます。逆に言うと、デュアルタスクで刺激を与え続けると機能低下予防に繋がります。

P1020337