お口の健康講座を開催しました

8月30日(水)に「むせることが増えた人に~食べる・飲む・しゃべる口の力をつけて元気に長生き~」と題して、健康講座を開催し、会員の皆様をはじめ地域の人達も併せて36人もの参加がありました。
浜松市南区健康づくり課の保健師の鍬竹様と歯科衛生士の加藤様が講師となり、健康寿命についてや口の働きや舌の機能について教えていただきました。歯の衛生だけではなく、日頃のおしゃべりや歌を歌うこと、簡単な舌の体操などにより口のまわりや舌の筋肉を鍛えることが大切で、肺炎や認知症、糖尿病予防にもつながるということでした。
最後に、地域の転倒予防サポーターによる、転倒防止の紙芝居もしていただきました。